読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

太田美術館にて

こんにちは。

 

美紗です。

 

本日は

引き続き英語で会話を楽しく

続けていく方法、コツのようなものに

ついて記事を書いていこうと思います。

 

 

「自分は日本人、完璧な英語でなくても

相手の心が開いてくれれば

いい」と考えることです。

 

 

間違って当然、かえって

ご愛敬」と勇気を出しましょう。

 

今回の記事を読んでいただければ

 

英語での会話をどうしても

上手く続けられないので

臆病になってしまう

 

英語で会話をするのは苦手、

そんなあなたの思い込みのようなもの

を捨てることが出来るようになるでしょう。

 

 

ですので、1分間だけ

私にあなたの時間をください。

 

 

「後にしよう」「他にすることがある」と、

あなたが今この記事を読まなければ

 

 

「どうしても英語で話が弾まないな」

という気持ちは変わることなく

2ケ月後、1年後も、今の状況は変わることなく

益々悪くなる一方でしょう。

 

 

たった1分だけでいいので

これから書く記事を

読み進めていただければと思います。 

 

 

それでは書いていきますね。

 

 

繰り返しと思われるかもしれませんが、

会話のキャッチボールを続けるのに

欠かせないのが相槌を打つことです。

柔らかい返球になります。

 

 

「相手の方はちゃんと自分の話を

聞いてくれている。」と分かり

気持ちよく話が続いていくでしょう。

 

 

それでは「英語で会話をするのって楽しい。」

という自信を得るために今回の記事の内容を

最も効率的に体感して頂く為の具体的なステップを

書いていきます。

 

 

【ステップ1】

 

声に出しテキストを読んでみる。

 

 

【ステップ2】

 

赤い文字の箇所をノートに書いて

覚える。又フレーズが貯金が増えた。!

 

 

英語がどんどん身近になってくる

という実感を得るために上記の内容を

是非実践してみてくださいね。

 

 

欅並木を下ると交差点、越えてすぐ

右側に「富士鳥居」という

骨董品店があります。

 

 

多くの外国人もよく訪れる店なので

入口に英語で

Japanese Work of Art and Antiques

と書いてあります。

 

入ってみましょう。

 

アンは漆塗りのお椀(lacquered/japanned bowl)

を見つけました。

 

 

 

 

 

 

A: Wonderful cup ! Is this old ?

 

M: It says 19th century.

       ☆ It says~:~に言って/書いてある事柄を

    入れて「~と書いてある」

      These are very different from rather heavy Western tableware

      made by clay or stone

  ☆ (be動詞)made by~::~の箇所に材料を入れて

    「~で出来ている」

 

 

    Lacquered tableware is light to handle.

    I'll show you some of them when you come to us.

 

 

A : Looking forward to seeing them, then.(これも相槌)

      ☆ looking forward to~:~に動詞の原形+ing (動名詞)を

    入れて~するのを楽しみにしている)

 

 

     What's this beautiful box used for?

    ☆ What's ~used for.? :~に名詞を入れて

      「~は何の為/目的に使われるの?

 

 

M:This is an inkstone case(硯箱)you can put your

      writing brushes(筆) ,an inkstone (硯)

      and India ink stick(墨)

 

 

  In old time, people wrote letters or diaries

    with India ink and brush. Beautiful handwriting

    was admired as an expression of his /her

    cultured character.

  ☆ cultured character :「教養ある人格」

 

 

A :In England, too, hand writing of people of old time

      was very beautiful.

     As for young people who use PC or IPhone,

     their hand writing is getting worse.

 

 

☆ as for ~:~の箇所に事象を入れて

    「~について言えば/関して」

☆ be getting ~:~の箇所に(この文章の場合)

      形容詞を入れて

     「~になりつつある」

 

M : Me too ! My handwriting is awful!(ひどいわよ!)

   思わず笑ってしまいます。    

   

 

  In this highly technological age, some of us

  put importance to the beauty of hand writing

  as an expression of his/her elegant character.

   ☆ put /attach importance to:~の箇所に

     名詞を入れて

     「~を重要視する」

 

 

 

 

A :A beautiful basket !

M :Made from bamboo skin, which is very soft and pliant.

   Craftsmen knit thin skins of bamboo into many shapes,

       a box with a lid, screens(屏風), table mats,etc.

 

 

A :I'd like to buy some bamboo craft works in Kamakura.

 

 

M : It's a good idea !

 

 

A : What's this ?

 

 

 

 

M:This is a folding screen(屏風),

     In old time, people screened off their living space

       with these screens.

      ☆ screen off ~::~の箇所に仕切る物を入れて

   「~を仕切る」

 

 

 

    This can be folded like this, very compact and beautiful.

    When I was young there was a folding screen in our living room.

    Now we use curtain instead.(その代わりに)

 

 

  You 'll be able to see many"byoubu" in Kyoto

  in the room of temples.

 ☆ be able to ~:~の箇所に動詞の原形を入れて

  「 ~が出来る」

 

 

 

二人は火鉢や屏風、刀、箪笥等を見て回り

溜息・・・

 

 

ちょっとそこらでティータイムにしましょう。

  

 

それでは最後に今日の記事を

読んでいただきまして

少しでもお役に立てましたら

今すぐ『いいね』ボタンを押してください。

 

 

それでは今日はこの辺で。

最後までお読みいただきまして

ありがとうございます。

 

 

明日からの記事も楽しみにしていてください。