読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

テーブルを囲んで

こんにちは。

 

美紗です。

 

本日も引き続き

皆の会話を聞きながら

会話(英語に限らず)を楽しく

続けて行く方法、コツのような物

についての記事を書いていこうと思います。

 

 

大切な事の一つは、「アイ・コンタクト」です。

相手の目を見たら、そらさない

ようにしましょう。。

 

 

あなたなら自然に意識せずとも

相手の方の目を見て

話せると思います。

 

 

でも「どうしても目を合わせるのが

日本人同士でも苦手」」という方も

いらっしゃると思うので

 

 

目をそらすことは、

相手に悪い印象(不誠実な人)を

与えてしまいがちということを

覚えておいてください。

 

 

必要以上に見つめる必要はありませんが。

 

 

今回の記事を読んでいただければ

 

 

「英語で会話が続かない。」

「どうしても途切れてしまいがち。」

と思っているあなたは

 

 

きっとコツを飲み込んで

会話を楽しく続けていくことが

出来るようになるでしょう。

 

 

ですので、1分間だけ

私にあなたのお時間をください。

 

 

「出かけるから後で。」「時間無い。」

 と、今あなたがこの記事を読まなければ、

 

 

 この先も、

「英語で会話をするのは億劫、自信ない」

 という思い込みは少しも変わることなく

 

 

1ヶ月後、2年後も、今の状況は

変わることなく益々悪くなる一方でしょう。

 

 

たった1分だけでいいのでこれから書く記事を

読み進めていただければと思います。

 

 

それでは書いていきますね。

 

 

コツは、相手の方に自分の好意なり

正直な気持ちをを、はっきり示す事です。

 

 

私たち日本人は、欧米人に比べて、

とかく表情に乏しいので喜怒哀楽を

遠慮せず正直に出しましょう。

 

 

気持ちが良く伝わってこない人、

何を考えているのか分からない人、

 

 

控えめな性格なのだろうけれど

物足りない人

 

 

という印象を与えてしまい、

相手の方も心を開いて

くれなくなってしまう、

 

 

そんな事は避けたいですよね。

 

 

度胸と愛嬌でいきましょう。

 

 

それでは「英語で会話を

楽しく続けていく自信」を得るために

今回の記事の内容を最も効率的に

体感して頂く為のステップを書いていきます。

 

【ステップ1】

 

声に出して読む。

 

 

【ステップ2】

 

赤い文字の単語、フレーズを

ノートに書出し覚える。

単語とフレーズの貯金が

増えていますね!。

 

 

「英語で会話って楽しい。」という

自信(宝)を得るために上記の

内容を是非実践してみてくださいね。

 

 

テーブルの席に着きます。

 

M : Here are rolled hand towels.(お絞り)

 

 

 

      Aya, please give a glass for your Dad.

 

 

 

Aya : Here you are.

   ☆ Here you are:「ここよ、どうぞ。」

 

T :Thanks, Aya.

  Cheers  ! (健康を祝して乾杯!),for Ann's coming !

  

 

 

M :Let's start!

 

 

   I'll put vegetables first.

      "Shabu " means let the ingredients swim in the pot

      3-4 times sideways like this.

   ☆ let ~(open, run等の動詞の原形):~にさせる物

   を入れて 「~を泳がせる。」

 

 

 

 

    The ingredient are slightly cooked, or half done,

    and excess fat (余分な脂) is removed already.

    ☆ be slightly cooked or half done:「少しだけ、半分だけ

    料理(煮えて)されて、」

  

 

    You can dip them in your sauce bowl

    with any kinds of sauce, Ponzu sauce,

    sesame sauce and grainded radish sauce「大根おろし」

 

 

A : Okay ! How soft and sweet these Chinese cabbage !

 

T : Do you eat your dinner or supper like this ,

       cooking on the dining table?

 

 

 

A :No, we don't have habits to cook on the table.

      We cook only in our kitchen.

     But this is a good idea or style.

 

 

 

    Everybody can participate in the cooking

    process, while eating, chatting.

   ☆ participate in ~:~に参加する物を入れて

      「~に参加する。」

 

 

   I'll try this style "Shabu Shabu"

   when I will be back to my home.

 

 

M :Ann ,you should buy "Dashi konbu".

       You can keep it very long time

       for a year or so.

 

 

A :Yes, I’ll make my special magical ”Dashi”

       in my kitchen at home.

 

 

  Tetsuo sensei, you are a professor of Seismology

       地震学」.

      As Japan is a volcanic country, is it true that

      someday in the near future Mt. Fuji will explode ?

 

 

T :  Mt. Fuji is an active volcano(活火山) 

    As huge magmas are accumulated,

       the percentage of her eruption is 100%.

     We are getting data from all over Japan.

 

 

A :  We don't have earhquake.

    But on TV news , we saw a lot of pictures

       of devastated areas, which gave us great

       shock. I felt the threat of Nature.(自然の驚異)

 

 

 

T : Within 10 years, we are surely going to be hit by

      a big earthquake of an intensity of 7-8° (on the Japanese scale)

   We have to prepare for the disaster as much as we can.

     ☆ an intensity of ~:~に震度数を入れて

     「震度~」

 

M : This is a side dish(おかず) for wine,”Green beans (さやいんげん

    with sesame dressing.”

  How are these meat?

 

 

T : Good!I'm hungry.

 

 

A : Super ! The excess fat of meat is removed,

       this is very healthy.

 

 

M : We put noodle in this remaining soup.

 

A : Very practical and clever.(賢 い)

   All in one.ですね。

 

 

T : You are learning Japanese, aren't you?

 

A :Yes, I am !

 

 

夕食が終わると居間へ

 

 

M : What do you want to drink?

 

T: I’d like to have coffee, please.

 

A : Me too !

 

Aya :Tea for me、please.

 

 

M : We are going to Kamakura tomorrow.  

      Is it all right for us going ?

    Aya will stay.

 

T : OK. I'll be late, because of Faculty meeting .

 

 

M : We will be back by 9:00p.m.

 

T : Enjoy fully !

       Please give my best regards for Keiko.

     ☆ give my (best/kindest) regards for ~:~に

    名前を入れて「~によろしくと伝えてください。」

 

 

冷やしたメロンを頂きながら

アンはお土産をプレゼントします。

 

 

A : This is for ,Tetsuo sensei, 「バーバリーのハンカチ」

    this is for Misa,「スカーフ」

    and this for you, Aya.「テディベア」

 

 

 

T : Many thanks, I use handkerchieves a lot,

   these are very chic ,indeed.

 

 

Aya : Thank you, Ann !

      It's not easy to find a nice one like this.

 

 

M :This is from us ,Ann.

 

 

A ::Thank you, Tetsuo ,Misa and  Aya.

 

 

     

   What a lovely tablecloth with beautiful pattern

    of "Orizuru"

 

 

まだまだ、居間ではお話が続いていますが・・・

失礼します。

 

 

明日は鎌倉へ行きます。

 

 

それでは、最後に今日の記事を読んで

いただきまして少しでもお役に立てましたら

今すぐ『いいね』ボタンを押してください。

 

 

それでは今日はこの辺で。

最後までお読みいただきまして

ありがとうございます。

 

 

明日からの記事も楽しみにしていてくださ