読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オバマ大統領と折鶴

こんにちは。
美沙です。
原爆投下から71年目となる今年
トルーマン大統領から数える事12人目にして
初めて現役として広島を訪れたオバマ大統領が
何故折鶴を持って広島を訪れたのでしょうか?
第44代目のオバマ大統領が
捧げた4羽の折り鶴 = "folded paper crane"
それが意味することは?

核廃絶="abolishment of nuclear wepon"への新たな一歩になるのでしょうか?

 

オバマ大統領が持参した折り鶴

 

 

5月27日、午後5時25分過ぎ、

広島平和記念資料館の前に

オバマ大統領の専用車が止まりました。

 

この日、大統領の訪問を理由に

資料館は正午で閉館していました。

 

 

改修工事中の東館に展示物を集め、

わずか10分の「短い」視察に備えていました。

 

 

オバマ大統領が最も関心を示したのは

折り鶴でした。

 

 

 

並々ならぬ思いがあったことは

大統領自身が4羽の折り鶴を

持参したことからも分かります。

 

 

ピンクと青の2色。千代紙をつかい、

丁寧に折られていました。

 

折り鶴の意味

 
 

その歴史は、広島で被爆した

一人の少女の死から始まりました。

佐々木禎子さんは、当時12歳でした。

 

 

禎子さんは2歳のとき被爆="be atom-bombed"しました。

外傷もなく、順調に成長したようにみえましたが

1954年、白血病="leuk(a)emia"になってしまいます。

 

 

すぐ入院しましたが病状は思わしくありません。

回復を願って鶴を折り続けましたが

原爆投下から10年後、1955年に亡くなりました。

 

 

禎子さんの死をきっかけに、

原爆で亡くなった子供たちを慰霊する

 

 

「原爆の子の像」が出来、

そこに折り鶴が集まるようになりました。

 

 

オバマ大統領の折り鶴も、その一つに連なるでしょう。

オバマがスピーチで触れた子どもと原爆

 

オバマ大統領はこの日、

スピーチで子供と原爆の関係に触れ

 

「世界はこの場所で一変しました

しかし今日、この都市の子供達は

平和な日々を生きています。

 

なんと貴重なことでしょうか。

これを守り、すべての子供たちに

広げていく価値があります。

 

これが私たちが選べる未来です。

広島と長崎が核戦争の夜明けではなく、

私たちの道義的な目覚めの

始まりだったとして記憶される未来です。」

 

 

広島平和記念資料館の志賀賢治館長は、

オバマ大統領と折り鶴についてこう話しています。

 

 

「特に禎子さんの折り鶴に関心があったようで、

ご覧いただいた。

そのあと、被爆を伝える資料をご覧いただいた。」

事前に勉強していた様子が伺われたそうです。

 

 

資料館を運営する広島平和文化センターの

小溝泰義理事長も続けて

「佐々木禎子さんの折られた千羽鶴の実物を見たあと、

 

 

大統領を出迎えた小・中学生2人に

折り鶴を手渡していた」

 

 

オバマ大統領の広島訪問を

どう見たらいいのでしょうか?。

 

 

国際原子力機関(IAEA=International Atomic Energy Agency

1957年設立)で事務局長特別補佐官を

務めた経歴がある小溝理事長はこう強調しています。

 

 

「オバマ大統領は全能者でも救世主でもない。

核廃絶の主役は、我々市民。

オバマ大統領が一緒にやると言ったことは

評価したいと思う。」

 

 

オバマ大統領の直筆メッセージ

 

オバマ大統領は、

10分程度の資料館視察のうち約3分を費やし、

直筆のメッセージを残しました。

 

「私たちは戦争の苦しみを経験しました。

共に、平和を広め核兵器のない

世界を追求する勇気を持ちましょう。」

 

 

書き終えたオバマ大統領は、

そこに、そっと二羽の折り鶴を置きました。

 

オバマ大統領のスピーチ(全文)


Seventy-one years ago, on a bright cloudless morning,

 death fell from the sky and the world was changed. 

 

 

A flash of light and a wall of fire destroyed a city 

and demonstrated that mankind possessed 

the means to destroy itself.

Why do we come to this place, to Hiroshima? 

We come to ponder a terrible force

 unleashed in the not so distant past. 

 

We come to mourn the dead,including

 over 100,000 Japanese men, women and children, 

thousands of Koreans and a dozen Americans held prisoner.

 

 

Their souls speak to us.

 They ask us to look inward, 

to take stock of who we are 

and what we might become.

 


It is not the fact of war 

that sets Hiroshima apart. 

 

 

Artifacts tell us that violent conflict

 appeared with the very first man. 

 

 

Our early ancestors, having learned 

to make blades from flint and spears from wood, 

used these tools not just for hunting

 but against their own kind.

On every continent the history of civilization 

is filled with war, 

 

whether driven by scarcity of grain 

or hunger for gold, compelled by nationalist fervor

or religious zeal. 

 

 

Empires have risen and fallen, 

peoples have been subjugated and liberated, 

and at each juncture innocents have suffered 

-- a countless toll, their names forgotten by time.

 

 


The World War that reached its brutal end

 in Hiroshima and Nagasaki was fought among

the wealthiest and most powerful of nations.

 

 Their civilizations had given the world 

great cities and magnificent art. 

 

 

Their thinkers had advanced ideas of justice 

and harmony and truth, and yet the war

 

 

grew out of the same base 

instinct for domination or conquest

that had caused conflicts

among the simplest tribes, 

 

 

an old pattern amplified by new capabilities 

and without new constraints.

In the span of a few years

 some 60 million people would die: men, women, children 

-- no different than us, shot, beaten, marched,

bombed, jailed, starved, gassed to death.

 



There are many sites around the world 

that chronicle this war -- memorials 

that tell stories of courage and heroism, 

graves and empty camps

 

 

 that echo of unspeakable depravity.
Yet in the image of a mushroom cloud

 that rose into these skies,

 

 

we are most starkly reminded of humanity's core contradiction

-- how the very spark that marks us

as a species, our thoughts, our imagination,

our language, our tool making, our ability 

 

 

to set ourselves apart from nature

 and bend it to our will

 -- those very things also give us 

the capacity for unmatched destruction.

How often does material advancement 

or social innovation blind us to this truth? 

 

How easily do we learn to justify violence

 in the name of some higher cause?



Every great religion promises a pathway 

to love and peace and righteousness. 

 

And yet no religion has been spared from believers

 who have claimed their faith has a license to kill.

 


Nations arise telling a story that binds people together

 in sacrifice and cooperation, allowing for remarkable feats, 

but those same stories have so often been used 

to oppress and dehumanize those who are different. 

 

Science allows us to communicate across the seas, 

fly above the clouds, to cure disease

 and understand the cosmos.

 

 But those same discoveries 

can be turned into ever more efficient killing machines.

The wars of the modern age teach us this truth. 

Hiroshima teaches this truth.

 

 Technological progress without an equivalent progress

 in human institutions can doom us.

 

 The scientific revolution

 that led to the splitting of an atom

requires a moral revolution as well.

That is why we come to this place.

 We stand here in the middle of this city

 and force ourselves to imagine the moment the bomb fell. 

 

We force ourselves to feel the dread of children 

confused by what they see.
We listen to a silent cry.

 

 

We remember all the innocents 

killed across the arc of that terrible war,

and the wars that came before,

and the wars that would follow.

Mere words cannot give voice to such suffering. 

 

 

But we have a shared responsibility

 to look directly into the eye of history 

and ask what we must do differently 

to curb such suffering again.

Some day the voices of the Hibakusha 

will no longer be with us to bear witness.

 

 But the memory of the morning of August 6, 1945 

must never fade.

 

 That memory allows us to fight complacency.

 It fuels our moral imagination, it allows us to change.

And since that fateful day we have made choices 

that give us hope. 

 

The United States and Japan 

forged not only an alliance, but a friendship

 that has won far more for our people 

that we can ever claim through war.

The nations of Europe built a union 

that replaced battlefields with bonds of commerce and democracy. 

 

Oppressed peoples and nations won liberation. 

 

An international community established institutions and treatie

 that worked to avoid war and aspired to restrict 

and roll back and ultimately eliminate 

the existence of nuclear weapons.

Still, every act of aggression between nations, 

every act of terror and corruption and cruelty and oppression 

that we see around the world shows our work is never done. 

 

 

We may not be able to eliminate man's capacity to do evil, 

so nations and the alliances that we formed 

must possess the means to defend ourselves.

Among those nations like my own 

that hold nuclear stockpiles, we must have the courage 

to escape the logic of fear and pursue a world without them.

 

 

 We may not realize this goal in my lifetime, 

but persistent effort can roll back the possibility of catastrophe.

We can chart a course that leads to the destruction of these stockpiles,

 we can stop the spread to new nations,

and secure deadly materials from fanatics. 

 

And yet that is not enough,

 for we see around the world today 

how even the crudest rifles and barrel bombs 

can serve up violence on a terrible scale.

We must change our mindset about war itself

 -- to prevent conflicts through diplomacy

and strive to end conflicts

 

 

 after they've begun; to see our growing interdependence

is a cause for peaceful cooperation

 and not violent competition; to define our nations not by our capacity

 to destroy but by what we build. 

 

And perhaps above all we must reimagine

our connection to one another 

as members of one human race

 -- for this too is what makes our species unique.

We're not bound by genetic code to repeat the mistakes of the past. 

We can learn. We can choose.

 

 

We can tell our children a different story, 

one that describes a common humanity, 

one that makes war less likely

 and cruelty less easily accepted.

We see these stories in the Hibakusha: the woman 

who forgave a pilot who flew the plane 

that dropped the atomic bomb

 

 

 because she recognized what she really hated

 was war itself; the man who sought out

 families of Americans killed here

 because he believed their loss was equal to his own.

My own nation's story began with simple words:

 "All men are created equal, and endowed by our Creator 

with certain unalienable rights, including life,

 liberty and the pursuit of happiness."

Realizing that ideal has never been easy, 

even within our own borders, even among our own citizens.

 

 

 But staying true to that story is worth the effort. 

It is an ideal to be strived for, an ideal 

that extends across continents and across oceans.



The irreducible worth of every person, 

the insistence that every life is precious,

the radical and necessary notion

 

 that we are part of a single human family:

 that is the story that we all must tell.

That is why we come to Hiroshima, 

so that we might think of people we love,

 

 the first smile from our children in the morning, 

the gentle touch from a spouse over the kitchen table,

the comforting embrace of a parent.

We can think of those things and know 

that those same precious moments

 took place here 71 years ago. 

Those who died, they are like us.

Ordinary people understand this, I think. 

They do not want more war.

 

 They would rather that the wonders of science 

be focused on improving life and not eliminating it.

When the choices made by nations,

 when the choices made by leaders

 reflect this simple wisdom, 

then the lesson of Hiroshima is done.

The world was forever changed here, 

but today the children of this city

 will go through their day in peace. 

What a precious thing that is.

 

It is worth protecting and then extending to every child.

That is a future we can choose,

 a future in which Hiroshima and Nagasaki

 are known not as the dawn of atomic warfare, 

but as the start of our own moral awakening.

 

全文(和訳「)

 

71年前、雲一つない明るい朝、空から死が落ちてきて、世界は変わった。

閃光(せんこう)と炎の壁は都市を破壊し、

人類が自らを破壊するすべを手に入れたことを実証した。


何故われわれはこの地、広島に来るのか。

それほど遠くない過去に解き放たれた

恐ろしい力について考えるためだ。

 

 

10万人を超える日本の男性、女性、子供達、

多くの朝鮮半島出身者、そして捕虜となっていた

十数人の米国人を含む犠牲者を追悼するためだ。

 

 

彼らの魂はわれわれに語りかける。

彼らはわれわれに対し、自分の今ある姿と、

これからなるであろう姿を見極めるため、

心の内に目を向けるよう訴えかける。

 

 

広島を際立たせているのは、戦争という事実ではない。

(歴史的)遺物は、暴力による争いは最初の人類とともに

現れたということをわれわれに教えてくれる。

 

 

初期の人類は、石片から刃物を作り、

木からやりを作る方法を取得し、これらの道具を、

狩りだけでなく同じ人類に対しても使うようになった。

 

 

穀物不足や黄金への渇望に駆り立てられようと、

民族主義者の熱意や宗教上の熱情にせき立てられようと、

いずれの大陸も文明の歴史は戦争であふれている。

 

 

帝国は盛衰し、民族は支配下に置かれたり解放されたりしてきたが、

節目節目で苦しんできたのは罪のない人々だった。

犠牲者は数え切れないほどで、彼らの名前は時とともに忘れ去られてきた。

 

 

広島と長崎で残酷な終焉(しゅうえん)を迎えた世界大戦は、

最も豊かで強い国家の間で起きた。

彼らの文明は偉大な都市と素晴らしい芸術をもたらしていた。

 

 

思想家は正義と調和、真実という理念を前進させていた。

しかし、戦争は、初期の部族間で争いを引き起こしてきたのと同じ

支配・征服の基本的本能によって生まれてきた。

 

 

新たな抑制を伴わない新たな能力が、

昔からの(支配・征服の)パターンを増幅させた。

数年の間で約6000万人が死んでしまった。

 

 

われわれと変わることのない男性、女性、子どもが撃たれたり、

打ちのめされたり、行進されられたり、爆弾を落とされたり、

投獄されたり、飢えたり、毒ガスを使われたりし死んだ。

 

 

世界各地には、勇気や勇敢な行動を伝える記念碑や、

言うに堪えない卑劣な行為を反映する墓や空っぽの収容所など、

この戦争を記録する場所が多く存在する。

 

 

しかし、この空に上がったきのこ雲のイメージが、

われわれに人類の非常に根本的な矛盾を想起させた。

 

 

われわれを人類たらしめる能力、思想、想像、言語、道具作りや、

自然と区別する能力、自然を意志に屈させる能力

これらの物が比類ない破壊の能力をわれわれにもたらした。

 

 

物質的な進歩や、社会の革新が

この真実からわれわれの目をくらませることがどれほど多いことか。

気高い名目のため暴力を正当化することはどれほど容易か。

 

 

偉大な全ての宗教は愛や平和、公正な道を約束している。

一方で、どの宗教もその名の下に

殺人が許されると主張するような

信者を抱えることは避けられない。

 

 

国家は、犠牲と協力を結び付けるストーリーを

語りながら発展してきた。

さまざまな偉業を生んだが、このストーリーが

抑圧や相違を持つ人々の人間性を奪うことにも使われてきた。

 

 

科学はわれわれに海を越えて意思疎通することを可能にし、

雲の上を飛び、病気を治し、宇宙を理解することを可能にした。

しかし同じ発見は、より効率的な殺人機械へと変えうる。

 

 

現代の戦争はこの真実をわれわれに教える。

広島はこの真実を教える。

 

 

技術の進歩は、人間社会が同様に進歩しなければ、

われわれを破滅に追い込む可能性がある。

原子の分裂につながる科学の革命は、道徳的な革命も求めている。

 

 

だからこそ、われわれはこの場所に来た。

われわれはこの都市の中心に立ち

爆弾が落ちた瞬間を自ら想起し、

目の前の光景に困惑する子どもの恐怖を自ら感じる。

 

 

われわれは静かな叫びを聞く。

われわれはあの恐ろしい戦争やその前の戦争、

その後に起きた戦争で殺された全ての罪なき人々に思いをはせる。

 

 

単なる言葉でその苦しみを表すことはできない。

しかしわれわれは歴史を直視し、

そのような苦しみを繰り返さないために

何をしなければならないかを問う共通の責任がある。

 

 

いつか証言する被爆者たちの声は聞けなくなる。

それでも1945年8月6日の朝の記憶を風化させてはならない。

その記憶はわれわれを安心感に浸らせることを許さない。

 

 

われわれの道義的な想像力の糧となり、

われわれに変化をもたらしてくれる。

あの運命の日からわれわれは希望をもたらす選択もしてきた。

 

 

米国と日本は同盟関係を築くだけでなく、

戦争を通じて得られるものよりもずっと多くのものを

国民にもたらす友情を築いた。

 

 

欧州の国々は戦場に代わり

交易や民主主義による結び付きを築いた。

 

 

抑圧された人々や国々は自由を勝ち取った。

国際社会は戦争を回避し、核兵器の存在を

規制、縮小し、完全に廃絶するための機関を創設し協定を結んだ。

 

 

それでも、世界中で見られる国家間の侵略行為、

テロや腐敗、残虐行為や抑圧は、

われわれのなすべきことには終わりがないことを示している。

 

 

人類の悪行を働く能力を撲滅することは出来ないかもしれないので、

国々やわれわれが築いた同盟が自らを守る手段を

持たなければならない。

 

 

私の国のように核を貯蔵している国々は、

恐怖の論理から逃れ、核兵器のない世界を

追求する勇気を持たなければならない。

 

 

私が生きているうちにこの目標は達成できないかもしれないが、

たゆまぬ努力が大惨事の可能性を小さくする。

 

 

われわれはこうした貯蔵核兵器の廃棄に導く針路を

描くことが出来る。われわれは核兵器が新たな国に

拡散することを防ぎ、狂信者に死の物質が渡らないよう

守ることが出来る。

 

 

しかし、それだけでは十分ではない。

 

 

なぜなら、われわれは今日、世界中で、

粗雑な銃や「たる爆弾」でさえ

恐るべき規模の暴力をもたらすことが出来ることを、

目の当たりにしているからだ。

 

 

われわれは戦争そのものについての考えを

改めなければならない。

 

 

外交によって紛争を防ぎ、始まってしまった紛争を

終える努力をするために。増大していくわれわれの相互依存関係を

暴力的な競争でなく、平和的な協力の理由として理解するために。

 

 

破壊する能力によってではなく、

築くものによってわれわれの国家を定義するために。

 

 

そして何よりも、われわれは一つの人類として、

お互いの関係をもう一度想像しなければならない。

このことがまた、われわれ人類をユニークなものにするのだ。

 

 

われわれは過去の過ちを繰り返す遺伝子によって縛られてはいない。

われわれは学ぶことができる。われわれは選択することができる。

われわれは子どもたちに異なる話をすることができ、

それは共通の人間性を描き出すことであり、

 

 

戦争を今より少なくなるようにすること、

残酷さを簡単に受け入れることを今よりも少なくすることである。

 

 

われわれはこれらの話を被爆者の中に見ることができる。

ある女性は、飛行機を飛ばし原爆を投下した操縦士を許した。

本当に憎むべきなのは戦争そのものであると気付いたからだ。

 

 

ある男性は、ここで死亡した米国人の家族を探し出した。

その家族の失ったものは、自分自身が失ったものと同じだと気付いたからだ。

 

 

私の国は単純な言葉で始まった。

すなわち、人類は全て、創造主によって平等につくられ、

生きること、自由、そして幸福を追求することを含む、

奪うことのできない権利を与えられている。

 

 

理想(を実現すること)は、自分たちの国境の内においてさえ、

自国の市民の間においてさえ、決して簡単ではない。

 

しかし(理想に)忠実であることは、努力する価値がある。

追求すべき理想であり、大陸と海をまたぐ理想だ。

 

 

全ての人のかけがえのない価値、

全ての命が貴重であるという主張、

われわれは人類という一つの家族の仲間であるという

根源的で必要な考え。

 

われわれはこれら全てを伝えなければならない。

だからこそ、われわれは広島に来たのだ。

われわれが愛する人々のことを考えられるように。

 

子どもたちの朝一番の笑顔のことを考えられるように。

台所のテーブル越しに、妻や夫と優しく触れ合うことを考えられるように。

父や母が心地よく抱き締めてくれることを考えられるように。

 

 

 われわれがこうしたことを考えるとき

71年前にもここで同じように貴重な時間があったことを思い起こすことができる。

亡くなった人々はわれわれと同じだ。

 

 

 普通の人々はこれを理解すると私は思う。

彼らは、戦争はこりごりだと考えている。

 

彼らは、科学は生活をより良くすることに集中するべきで、

生活を台無しにすることに集中してはならないと考えるだろう。

 

 

各国の選択が、あるいは指導者たちの選択が

この簡単な分別を反映すれば、広島の教訓は生かされる。

 

 

世界はここで永遠に変わってしまったが、

今日、この都市の子どもたちは平和の中で日々を生きていくだろう。

なんと貴重なことだろうか。

 

そのことは守る価値があり、

そして全ての子どもたちに広げる価値がある。

それは私たちが選ぶことのできる未来だ。

 

その未来では、広島と長崎は核戦争の夜明けとしてではなく、

道徳的な目覚めの始まりとして知られるだろう。