読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

建長寺にて

こんにちは。

 


美紗です。

 


今日も

二人の会話を聞きながら

会話を楽しく続けるコツ

のような物について

 


記事を書いていこうと思います。

 


「会話がどうしても続かない。」
そんな時は、

まず自分から

 


思っていること

感じていることを
話してください。

 

 

テニスのラリーを

イメージしてみます。

こちらからボールを

打つのです。




こちらが打った球を

相手方は

打ち返してくれます。

 


帰って来る球を

よーく見てください。

 


相手方の話を良く聞いて

その中から

時節にあった言葉を拾い、
連想ゲームのように

 


イメージを広げてゆけば
話は続けていけるはず。

 


相槌、アイ・コンタクト、

喜怒哀楽を

素直に表現する事も忘れずに

 


会話を楽しく展開していけるように
なりましょう!

 

 

自然体でいるのが

一番よいのです。

 

 

自分の気持ちに自信を

持ちましょう。

 

 


「話をしていても

あまり乗ってきてくれない~。

 


何を感じ、考えているのか

伝わってこない~。つまらない人!」
なんていう印象を

持たれたくない。

 

 

でも消えない苦手意識。

 


こんな意識から逃れる事が出来なく
いつまでも自分の不甲斐なさに

苛まれるなんて避けたいですよね。

 


今回の記事を

読んでいただければ

 


「英語で会話を続けるのって楽しい。」
という自信を

手にすることが出来ます。

 


外国の友達が増え、
内気だった自分が話上手になり
性格も明るくなって

 


勉強が楽しくなってきて
毎日が充実してくるでしょう。

 


ですので1分間だけ
私にあなたのお時間をください。

 


逆に「時間無い」

「私には無理」と
今あなたがこの記事を

読まなければ

 


この先も
「英語で会話をする時
緊張して喉が

 

 

詰まったようになり、
声が出ない!どうしよう?

 


言葉が出てこない!。

頭の中が真っ白!

穴があったら入りたい!」

 


という情けない状態は
3ヶ月後1年後も
今の状態は変わることはなく
益々悪くなる一方でしょう。

 


それでは、書いていきますね。

 


英語で会話を

途切れさせる事なく
気持ち良く展開してゆくための

 

 

コツはまず

相手の方の話を

よく聞いて、どんな事を感じ
知りたいのか、

 

 

相手の方の気持ちを
推測してください。

 


相手の方の気持ちを

汲んだ楽しい会話を

続けられるでしょう。

 

 


外国の方と話すのが

嫌になってしまう
なんてダメ、

どうしても避けたいですよね。

 


それでは「英語で会話をするのは

楽しい」という自信をつけて頂く為に

 


今回の記事の内容を
最も効率的に体感して頂く為の
ステップを書いていきます。

 

 

【ステップ1】

 

声に出して読む。

 


【ステップ2】

 

赤い文字の単語、フレーズを

ノートに書き出して覚える。

 

 

【ステップ3】

 

普段から日本の友達と

話をするときどんな風に

続いていったかを

 


覚えておくと

心強いかもしれません。

 

 


「英語で会話を

続けていくのは
決してむずかしくない。」

 

 

という事を納得して頂く為に

上記の内容を是非

実践してみてくださいね。

 

 

ランチをいただきながら


A :When I am in some garden,

  I try to feel the air,light,beeze 「微風」

  and sound in the space ofeach garden.

 

 

K : You got the essence of

   Japanese garden.
    ☆ the essence of ~:~に名詞を入れる
      「~の本質」

 

 

A :  Do you think so ?

 


K:Sure I do.(相槌)

 


M:In the modern age,

      only a few gardners

      can make such spiritual gardens.

 

 

      To aquire the skill and mastership 

      to make typical  Japanese spiritual gardens

      needs long term of appreticeship

      of hard training

 

 

     under their masters.

  to become a grown -up professional.

 

     
   ☆ apprenticeship :「見習い期間、徒弟修業期間」
     ☆ a grown-up :「一人前の」

 


K:I've heard there live

  some English men who became

       Japanese gardners mainly in Kyto.

 

 

M: Me too.

        I'm afraid I don't know anybody.
        In Kyoto,you'll be able to find some of them.

        ☆ be afraid ~:~に文章を入れて
         「残念ですが~です。」


         Let's check the Internet later on.
.  

 

A :It's a good idea !

 

 

建長寺


K : This is Kentyoji Temple.
          Please go ahead inside. I'll park this car.
         ☆ go ahead :「先に行っていて。」

 

 

 M : OK, Keiko.

 

 

A :  Again, the magnificent (壮大な) temple gate !

 

 

M : This is the head temple of Rinzai-sect「臨済宗
    The first rank in Kamakura main 5sects.「鎌倉五山


         I'm afraid I don’t know

         much about the sects of Buddism.

 

 

A : Any way, How grand ! (壮麗な)
         The gait is built with huge column of wood.

         Not with stone nor bricks.Amazing !

 

M : This was build in 1253. 
         Suffering many big fire disasters ,
         this gate was rebuild 

         in Edo-period ( 1600-1869). 

 

 

         So the gate is over 150 years old.

 

 

K : Sorry, I kept you waiting.
      ☆ Sorry,I kept you waiting.:

          「待たせてごめん」

 

 

M :Don't mind.
  ☆ Don't mind. :「気にしないで」

 

 

K :Let's go around the precinct.

M :There was a Japanese garden behind

     the main temple,wasn't there?

 

 

 

K : Yes, You are right.(相槌)

 

お庭を拝見し終わり出口へ

M : There is such a program、:"Zazen in English for 

         foreigners in Kentyouji."
    
    You can participate in

    the early morning Zazen on any day

         written on the application form below.

       ☆ : participate in ~:~に名詞を入れて

     「~に参加する。」

 

A : Interesting !

 


   I do meditation quite often,

   in our church,or at my home,

 

 

     sitting calmly,breathing deeply,
     closeng my eyes.

      It is different from prayers.

 

 

K : Do you ? (相槌)

        Anywhere in the world,

        such a state of mind is nessesary 

        in our daily lives.

 

 

  Regardless of what religion he/she

       believes in.

      ☆ regardless of ~:~に名詞を入れて
       「~と関係なく」

 

 

A : I think so,too.

        I'm impressed with

         the spirituality of the garden,

 

 

       ☆ be impresed with~:~に名詞を入れて
    「~に感動した。

            強く印象づけられた。」 


  
 K :It's almost 3:30pm,

        Hurry up to Zuisenji 「瑞泉寺

 

     瑞泉寺

 

 

 


K : Muso-kokushi「夢想国師」loved nature
   and made many sophisticaed (洗練された)

         gardens at the places he visited.


   And this is the one of  them.
        He  was a calligrapher( 書家、能筆家)

      a poet and a garden designer, as well.

 

 

         I'm  curious about him、indeed.
   ☆ be curious about ~:~に人、物、事を入れて
   「~について 興味(好奇心)がある。知りたい」

 

 

         This simplicity seems

         to have some meaning,
         but it 's very difficut to tell.

 

 

K : It is difficult to tell

         the atmosphere of the rock garden.


M :I think so,too.

   You will be able to visit

        many rock gardens in Kyoto.

 

 

A :楽しみですね。

 

 

K :This temple is called

       "Temple Flowers"「花の寺」
    in each four seasons,

         we can see, Japanese plum,
         daffodils,narcissus,cotton rose「芙蓉」etc.

 

瑞泉寺を後に


K :Please drop in at my house

       in Kamakura-yama.
       Let's have tea and chat together !
      ☆ drop in at ~:~に寄る所を入れて
   「~に立ち寄る」

 

 

M :Why not ?
    ☆ why not ? 「勿論よ。いいです」

 

 

まだ3人は、話していたい様子ですが
失礼しましょう。

楽しい思い出が出来ましたね。


それでは最後に今日の記事を
読んでいただきまして
少しでもお役に立てましたら
今すぐ『いいね』ボタンを押してください。


それでは今日はこの辺で。
最後までお読みいただきましてありがとうございます。